cobas® MAU Ⅱ

尿中微量アルブミン迅速測定と糖尿病腎症の早期発見1,2,3

cobas® MAUⅡは尿中微量アルブミンの検出試薬1,4です

 

健常人の尿中には通常10mg/dL、または100mg/日未満の僅かなたん白質しか含まれていません5。持続性の微量アルブミン尿は、腎糸球体濾過能が障害されている可能性が高いことを示しています6。微量アルブミン尿における尿中の僅かなアルブミンは、早期腎症の指標となります7。微量アルブミン尿がある患者では、進行性の腎疾患ならびに循環器疾患の発症リスクが増加すると報告されています8 。しかし、微量アルブミン尿の段階で治療が行われることにより、腎障害の発症を予防し、既に発症している場合であってもその進展を阻止することが可能です1

コバス MAU Ⅱは、ヒトアルブミンに特異的で、診断域において高い感度を有しており、微量アルブミン尿の早期スクリーニングに有用です。また、コバス MAU Ⅱは、使い方が簡便であり、低コストで糖尿病腎症に関する有用な情報を得ることができます10

ヒトアルブミンへの特異性

 

コバス MAU Ⅱの測定原理は金コロイド標識抗ヒトアルブミンモノクローナル抗体を用いたイムノクロマト法を採用しています。

 

診断域における高い感度9

 

コバス MAU Ⅱは、尿中微量アルブミンの検出により、微量アルブミン尿の早期スクリーニングに有用です1,2,3

 

迅速・簡便

 

約1分で試薬部分の色調の変化を容器の色調表と比較することによって判定可能です。コバス MAU Ⅱは使用方法も簡便です2

 

独自構造の試験紙4

 

  • ヒトアルブミンに高い特異性を持つモノクローナル抗体を用いるイムノクロマト法の採用。
  • 試験紙に浸した尿検体は、以下に示す2つの層を通過し検出層に到達します。
    尿緩衝化層 – 尿緩衝化層には金コロイド標識抗体が含まれています。
    結合層 – 結合層にはあらかじめヒト血清アルブミン(HSA)が固定化されています。

アッセイメニュー

全てのリストを見る

アッセイメニュー

注目製品
新製品
注目製品
新製品

コバス MAU Ⅱの使用方法

ステップ1

試験紙の黒い2本の線の間に液面がくるようにして、正確に5秒間浸します。

ステップ2

呈色面を上にして容器の上などに置き、そのまま1分間待ちます。

ステップ3

試薬部分の色調の変化を容器の色調表と比較します。

参考基準範囲

  • 健常人の尿中アルブミン値は 15~ 20 mg /L未満です11
  • 尿中アルブミンが正常な場合であっても、必ずしも腎疾患が除外されるわけではありません9

コバス MAU Ⅱ

  • 包装

    30枚

  • 貯法

    室温

  • 製造販売承認(認証・届出)番号

    20700AMY00179000

  • 統一商品コード

    518-440398

参考文献

 

  1. Solarin, A. U. & Njokanma, F. O., 2015. The Micral-Test as a screening tool to detect microalbuminuria-albuminuria in children 5 - 15 years old with sickle cell anaemia, Lagos State University Teaching Hospital. SAJCH, 9(2), pp. 41-44.
  2. Afifa, K. & Asma, S. B., 2016. Screening for Nephropathy in Diabetes Mellitus: Is Micral-Test Valid among All Diabetics?. International Journal of Chronic Diseases, Volume 2016(Article ID 2910627), p. 7.
  3. Król, E. & Rutkowski, B., 2009. Early Detection of Chronic Kidney Disease: Results of the PolNef Study. Amercian Journal of Nephrology, Volume 29, p. 264–273.
  4. Amjad, A. & Muhammad, S., 2017. Role of Micral Test For the Detection of Microalbuminurea. Med. Forum, 28(8), pp. 36-38.
  5. Strasinger, S. K. & Di Lorenzo, M. S., 2007. Urinalysis and Body Fluids. 5th ed. Philadelphia(PA): F. A. Davies Company. p 57.
  6. Hasslacher. C. 1993. Clinical significance of microalbuminuria and evaluation of the micral-test. Clin Biochem. Volume 26 (4). pp. 283-287.
  7. Glassock, R. J., 2010. Is the presence of microalbuminuria a relevant marker of kidney disease?. Curr Hypertens Rep, 12(5), p. 365.
  8. Singh, A. & Satchell, S. C., 2011. Microalbuminuria: causes and implications. Pediatr Nephrol, 26(11), p. 1957.
  9. American Diabetes Association. “Consensus development conference on the diagnosis and management of nephropathy in patients with diabetes mellitus.” Diabetes Care. 1994;17:1357-1361.
  10. Srisubat A. & Sriratanaban J.. 2014. Cost-effectiveness of annual microalbuminuria screening in Thai diabetics. Asian Biomedicine 8(3). pp. 371-379
  11. コバス MAUⅡ添付文書