cobas® Influenza A/B & RSV

Influenza RSV test

インフルエンザA/BおよびRSVを区別する検査ができました

 

若年者と高齢者は特に、RSウイルス(RSV)感染にかかりやすくなっています。これは4歳未満の子どもの下気道疾患の主要原因であり、世界的にはほぼ全員の子どもが2歳までに感染しています1。高齢者でも、RSVは65歳を超える成人でよく見られ、重篤な感染のリスクは年齢と共に増加します2。

cobas® Influenza A/B & RSVからのタイムリーな結果は、感染管理とコントロールの臨床的応答を導くのに役立ちます。cobas® Influenza A/B & RSV検査の性能は、3つの標的に渡って、FDA承認済みの検査室ベースマルチプレックスリアルタイム逆転写PCR(RT-PCR)検査と比較されました。

cobas® Liat®システム用のcobas® Influenza A/B & RSV核酸検査は、インフルエンザA、インフルエンザB、RSVを20分で検出して区別するリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査であり、検査室、病院、医師の診療所、急病診療所環境での使用に利用できるようになりました。

cobas® Influenza A/B & RSVの性能

インフルエンザ - 図表

用途

 

cobas® Liat®システム用のcobas®A/BおよびRSV核酸検査は、自動化マルチプレックスリアルタイムRT-PCRアッセイであり、呼吸器感染の兆候および症状と共に、臨床的および疫学リスク因子を持つ患者の鼻咽頭スワブ検体中のインフルエンザAウイルスとインフルエンザBウイルスおよびRSウイルス(RSV)RNAの迅速なin vitro定性検出および識別のために使用します。本検査は、ヒトのインフルエンザA、インフルエンザB、RSVの鑑別診断の支援として使用することを目的としており、インフルエンザCの検出は目的としていません。

cobas® Liat®システムは一部の地域で市販されています。この製品はすべての国でin vitro 診断(IVD)として登録されているわけではありません。追加情報についてはロシュ販売担当者にお問い合わせください。

参考文献

  1. Collins PL and Grahm BS. Viral and host factors in human respiratory syncytial virus pathogenesis. J. Virol. 2008:82(5);2040-2055.
  2. Falsey AR, Hennessey PA, Formica MA, Cox C, Walsh EE. Respiratory Syncytial Virus Infection in Elderly and High-Risk Adults. NEJM. 2005:352(17);1749-59.
  3. cobas® Influenza A/B & RSV [添付文書]。カリフォルニア州プレザントン:Roche Molecular Systems, Inc., 2016.

関連システム

cobas® Liat® システム画像

cobas®Liat® システム

cobas®Liat®システムは、迅速で使いやすく、コンパクトなPCRシステムで、医師の診療所、薬局などのポイント・オブ・ケア・セッティング*において、オンデマンド検査用に設計されています。

詳細