cobas® omni Utility Channel

cobas omni Utility Channelの製品画像

1つで2つの機能効率を体験してください

 

LDTとルーチンIVD検査を統合することで
貴重な「ウォークアウェイ」時間が増えます

LDTは臨床検査室のレパートリーの重要部分です。検査室が、IVD(in vitro診断)と並ぶルーチンワークフローにLDTを組み入れると相当な時間、費用、性能面でのメリットが得られます。

cobas® 6800システムおよびcobas® 8800システムで使用するcobas omni Utility Channelは、単一プラットフォームにルーチンLDTとIVD検査を統合することを可能にし、検査室に効率と作業効率の増加をもたらします。

cobas omni Utility Channelワークフロー画像
性能アイコン

実証された性能

 
  • 検体投入から結果提出までの完全な検体トレーサビリティを利用して、結果の生成と報告の信頼性を確保します。
  • 高度な汚染防止措置とユーザーインターラクションの減少を通して検体と結果の整合性を確保し、LDTワークフローをIVDプロセスに近づけます。
自動化アイコン

完全自動化

 
  • LDTとIVD検査の両方について最大8時間の「ウォークアウェイ」時間により実地時間を減少*
  • 一般試薬を含め、システムにオンボード保管された試薬を使用することにより、検査室の重要なスペースを節約
    *ワークフロー要件により異なる場合があります。
柔軟性アイコン

高い柔軟性

 
  • IVDとLDT検査を1つのシステムに統合して、全体的検査プロセスを簡素化します**
  • パネルを簡単に実行。さらなるユーザーインターラクションの必要なく、最大12の標的/検体を評価できます
    **IVDおよびLDT検体は別々のcobas omniPプレート上で実行されます。
お問い合わせはこちら
お問い合わせ先

完全統合デザインでLDTワークフローを簡素化します

他のLDT法は複数のユーザーインターラクションを必要とします。cobas omni Utility Channelで必要なのは、試薬カセットの準備と、それをcobas® 6800 Systemおよびcobas® 8800システムにIVD試薬カセットのように装填することだけです。

RMD_No_Call_Out_Copy_Version_2

柔軟なデザイン

cobas omni Utility Channelで実施したい検査を都合の良いときに実施。

  • プレソーティングをすることなく同一の実行で最大3件の検査を実施
  • 1つの患者検体を使用してメニューから最大3つの異なる検査を処理
  • 簡素化された検査ワークフローでは一般的なプロセス、消耗品、試薬を使用しています。

cobas® 6800システムおよびcobas® 8800システム用の完全自動化cobas omni Utility Channelを使用すれば、検査品質を犠牲にすることなくさらなる検査効率を実現できます。単一プラットフォーム上でのこのIVDとLDTの統合と完全自動化は、検査室スペースを最大化し、資本投資を最小化し、運用コストを低減します。

cobas omni Utility Channelのために事前試験されたプライマー/プローブセットがwww.idtdna.comから入手できます。

cobas omni Utility Channelの性能要約

  • 検体の取り扱い

    LDTまたはIVD検体の事前選別が必要ありません

  • 柔軟な検査

    1ランあたり最大12の標的を検出

  • 検体タイプ

    血漿/血清、アルコールベース、スワブ

  • 結果報告

    結果はCt値の範囲に基づいて反応性/非反応性として報告されます

関連システム

cobas® 6800システムの製品画像

cobas® 6800システム

IVDアプリケーションによる検査が一変します ― 1ランあたりわずか3回のシンプルなユーザーインターラクションと最大8時間のウォークアウェイタイム。

詳細
cobas® 8800システム画像の製品画像

cobas® 8800システム

オペレータのインターラクションが最小限の類を見ない性能は、ハイスループットアプリケーションの将来に変革をもたらします。

詳細