BenchMark ULTRA PLUS

ベンチマーク ULTRA PLUS

医療機器製造販売届出番号:13B1X00201000088

IVD For in vitro diagnostic use.
BenchMark ULTRA PLUS
ご質問などあればお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
BenchMark ULTRA PLUSで診断における信頼度を高める

BenchMark ULTRAで実績のある技術をベースとするBenchMark ULTRA PLUSは、柔軟に様々な検査室のオーダーに対応します。簡単操作により作業者の負担を軽減し、作業時間を軽減します。

 

BenchMark ULTRA PLUSの主な利点:

 

  • 一目でわかる機器ステータス管理

  • タッチモニターによる簡単操作

  • ユーザーインターフェースの操作性

  • スライド毎に使用試薬などを含めた染色履歴の追跡が可能

  • フルオートの試薬管理

  • ベンチマークシリーズ共通の染色性

組織画像
最適化ワークフローアイコン

最適化されたワークフロー
詳細

柔軟なソリューションアイコン

柔軟なソリューション
詳細

アワードアイコン

ベンチマークシリーズ共通の染色性
詳細

最適化されたワークフロー
以下のお客様の使い勝手を向上させる機能を搭載しました。
 

  • LEDインジケーターによる一目でわかる機器ステータス管理
  • 染色前、染色後の作業スペース確保する作業台の導入
  • 色分けされたクリップでバッファータンクの搭載ミスのリスク軽減
  • 新たなリモートアクセス機能により、システムデータの表示、管理、入力、印刷がリモートで可能
検査

柔軟なソリューション
ユーザーフィードバックに基づく新機能:

 

  • BenchMark ULTRAと比べて全高サイズが抑えられています
  • タッチモニターによる簡単操作
  • 日本語ユーザーインターフェース
  • 廃液システムにて廃液を油分とそれ以外に分離

*貴施設の所属する自治体やご施設の定める基準が異なりますので、取り扱いについては個別にご施設での判断をお願い致します。

BenchMark Ultra Plusタッチスクリーンの拡大図

ベンチマークシリーズ共通の染色性
ベンチマークシリーズ共通のテクノロジーを採用し、共通の染色性を実現します。

 
  • 個々のスライド染色を最適化する柔軟かつ独立した温度管理
  • エアーミキサーとLCSによる染色技術により、安定した染色結果を支援
  • 新型スライドドローワーにより、液体の基板部への侵入を軽減し、パーツの耐久性を向上させます
  • VSS 14.xソフトウェアには、品質保証/品質管理(QA/QC)などのレポート機能を新たに追加・拡張しました
検査

一般的特性

  • 完全自動化

    ベーキング、脱パラフィン、セルコンディショニング、組織染色(IHC染色、ISH染色、SISH染色、免疫蛍光染色、多重IHC染色、対比染色)、タイトレーション

  • 独立したスライドドロワー

    1~30枚のスライドを、各スライドポジションにセットし、染色温度や時間の個別制御が可能

  • 試薬カローセル

    一度に35種類の試薬がセット可能

  • 使用可能なスライド

    25 x 75 mm、26 x 76 mmのコーティングスライド

  • バッファー

    進行中の染色工程を中断することなく 、いつでも7種類のバッファーの補充・交換が可能

  • 廃液

    染色中に廃液タンクの交換が可能

  • バッファーの希釈に用いる水の規格

    NCCLSタイプII水または同等品(脱イオン水)

  • スライドの温度制御範囲

    室温~100°C

  • コントロールモジュール

    1台のコントロールシステムで、1~4台のベンタナ ベンチマーク ULTRA、ベンタナ ディスカバリー ULTRA、ベンタナ ベンチマーク SSの制御が可能

環境要件

  • BTU/時間出力

    400 BTU/時(休止状態)、1,000BTU/時(稼働中)

  • 温度

    20°C~32°C

  • 湿度

    10%~90%、結露しないこと

電気的仕様

  • 電圧

    約100~230 V

  • 電流

    4~6アンペア

  • 周波数

    50/60 Hz

外形寸法・質量

  • サイズ(幅 x 奥行 x 高さ)

    111.76 cm x 84.07 cm x 158.50 cm
    コントロールシステム 60 cm(幅)×68 cm(奥行き)×150 cm(高さ)

  • 重量

    294.8 kg 

  • 機器総重量(試薬架設時)

    387.8 kg

  • 機器本体重量(試薬含まない)

    275 kg 

  • 装置周囲に必要な空間

    上部38.1 cm
    側部10.2 cm
    後部15.2 cm

概説

注文情報

技術文書

error errorMessage
このセクションを読み込む際に問題がありました。
このページを再度読み込むか、後でもう一度試してください。