Roche Molecular Diagnosticsについて

カリフォルニア州プレザントンに本社を置くRoche Molecular Diagnostics(RMD)は、幅広い革新的医学診断用製品、検査、プラットフォームおよび技術を開発、製造、提供しています。腫瘍学、ウイルス学的検査、微生物学および血液スクリーニング検査の広範なポートフォリオを持つRMDの顧客には、世界中の研究者、医師、患者さん、病院、検査室、および血液バンクが含まれています。RMDは5つの拠点に約1,400人の従業員を擁しています:カリフォルニア州プレザントン、ニュージャージー州ブランチバーグ、カリフォルニア州ロスガトス、マサチューセッツ州マールボロ、およびスイスのロートクロイツ。当社のビジネスは、革新的なノーベル賞受賞ポリメラーゼ連鎖反応技術(PCR)の取得後、1990年代初期に設立されました。PCRを用いると、DNAまたはRNAの単一特異的断片を、検査室での正確な解析の実施に十分な数量まで迅速に複製することができます。

ロシュはカリフォルニアサプライチェーン法を遵守しています。

革新へのコミットメント

リキッドバイオプシーから、多剤耐性菌のより迅速でより効果的な特定を可能にする革新的技術まで、ロシュは個別の患者さんに対し、可能性のある最善の治療法を臨床医が決定できるようにするための診断ソリューション開発に取り組んでいます。

リキッドバイオプシー技術に使用されるバイアル

リキッドバイオプシー

ロシュの「リキッドバイオプシー」技術は、腫瘍マーカーをシンプルで非侵襲的な採血によって検出可能にする、組織生検の理想的な代替手段です。

詳細を見る
女性科学者

子宮頸がんスクリーニング

ATHENA(Addressing THE Need for Advanced HPV Diagnostics)は、この種の試験としては米国最大規模のプロスペクティブ登録臨床試験であり、異なる子宮頸がん検診シナリオにおけるコバスHPVテストの性能を評価するために設計されました。

詳細を見る
★

核酸精製プロセス

ロシュは20年間、商用NAP技術開発の最前線に立ち、あらゆる規模のラボにソリューションを提供してきました。

詳細を見る