Article

リキッドバイオプシー

患者マネジメントを改善する技術革新

 

生検は診断、予後、治療への反応または治療抵抗性の予測に関する重要な情報もたらすことから、癌患者にとって極めて重要な医療処置です。しかし、非小細胞肺癌 (NSCLC)などの一部の癌種では、患者の状態や腫瘍の位置により、バイオマーカー検査のために生検から十分な量の組織を切除することは容易ではありません。

リキッドバイオプシーとは、腫瘍組織検体の取得に関する障壁を補完、または克服する代替の検体取得法です。例えば、腫瘍組織が得られない場合や患者にリスクをもたらす場合に、患者から採取した血漿が使用される場合があります。

採血は非侵襲的で繰り返し行うことができる医療処置です。このように、リキッドバイオプシーは癌患者の検査や管理を変える可能性を有しており、一般的な組織生検手技を迅速に補完しつつあります。

当社は肺がん患者マネジメントにリキッドバイオプシーを活用する現場の最前線にいます。NSCLCに関連する上皮増殖因子受容体(EGFR)遺伝子変異の同定に用いる当社の開発したコバス EGFR 変異検出キット v2.0 には、組織と血漿中cfDNAの両方が使用できます。当社は今後も、リキッドバイオプシーに関する有望な研究を、より正確な診断や患者ケアの改善に結びつけることに尽力していきます。

患者のケアの改善

RMD_G&O_Pathologist Path Lab

*SQI機能は現在米国ではご利用いただけません。

 

コバス EGFR 変異検出キット v2.0で血漿を検査する場合、「半定量指標(Semi-Quantitative Index:SQI)*」と呼ばれる他の検査にはないユニークな項目が報告書に記載されます。この数値は、EGFR変異荷重の傾向を反映するようにデザインされています。EGFR変異について患者を連続的に検査し、SQI値を追跡し、傾向を特定することにより、腫瘍進行の理解につながる可能性があります。

リキッドバイオプシーのサイエンス

ここ数十年間で、腫瘍がさまざまな方法で血液中にマーカーを放出することが知られてきました。中でも血中循環DNA(セルフリーDNA、cfDNA)、循環腫瘍細胞(CTC)、エキソソームmRNAへの注目が高まり、癌に関連する標的の検出およびモニタリング、つまり診断、予後予測および薬物抵抗性モニタリングに使用されつつあります。

リキッドバイオプシーの最大の利点は、臨床症状が引き起こされる、または画像診断上で判別されるよりも前に、疾患の進行や治療抵抗性を検出できる可能性にあります。さらに、メラノーマや肺癌などの特定の癌種では、少なくとも2~4個の遺伝子変異をもつ傾向がありますが、生検組織検体ですべての変異が示されるわけではありません。リキッドバイオプシーはこれらの遺伝的変化を検出する機会を高める可能性があります。

RMD_G&O_Blood Vessel Graph (1)
リキッドバイオプシー表

血液ベースの新しいリキッドバイオプシーが、なぜ重大な疾患を有する患者により多くの選択肢を与えることになるのかの理由をご覧ください。

リキッドバイオプシーの未来

リキッドバイオプシーは、初期診断を目的とした組織生検に取って代わるものではありません。しかし、リキッドバイオプシーが有するリアルタイムでの変異検出という大きな利点により、より効果的に患者マネジメントができるようになることが次第に明らかになりつつあります。

肺癌患者のモニタリング、疾患進行の検出、およびチロシンキナーゼ療法に反応する可能性が高い患者の同定、におけるリキッドバイオプシーの潜在的な役割について学ぶ

リキッドバイオプシー

より詳細な情報に興味をお持ちですか?

コバス EGFR 変異検出キット v2.0についてより詳細な情報を希望される場合は下記リンクよりお問い合わせください。



問い合わせ先

 

 

肺癌患者へのより進化した検査オプション

 

cobas®EGFR 変異検出キット v2.0の使用により、NSCLC患者の臨床管理を改善することができます。この検査及び検査キットについて知識を深めてください

詳細を見る
RMD_G&O_Advanced Testing Options