Roche uPath

デジタルマッペでの画像管理・閲覧・共有

Roche uPath enterprise software

Roche uPathはベンタナ DP 200(Whole Slide Imagingスキャナー)でスキャンしたガラススライド標本の閲覧・症例情報を管理するソフトウェアです。

画像に付随する情報(症例IDや組織名、染色項目など)を同一画面で表示し、単体の染色画像としてではなく、症例として表示・管理できます。


ベンタナConnectと接続することで病理支援システムと連携により、ベンタナ DP 200での取り込み時にバーコード連携し、自動で症例ケースの作成を行います。

マルチスライドキャンバスビュー
  • 自動で切片認識と同期を行い最大6枚のスライドを同時表示
  • スムーズなスライド送りで同じ位置の染色画像を表示

 

症例管理機能
  • 標本画像と症例に付随する情報を同一画面で表示
  • レポート作成機能
  • 病理支援システム(LIS)との接続により病理画像と付随情報をシームレスに連携

 

セキュリティ
  • 共有症例の匿名化
  • ユーザー権限に基づく機能設定

 

Image of the VENTANA Virtuoso software

Roche uPath enterprise software is FDA-cleared for specific clinical applications and is intended for research and educational use for other applications. Roche uPath enterprise software is not approved by the FDA for primary diagnosis.

操作端末の推奨スペック

  • CPU

    Core i5相当以上

  • メモリー

    16GB推奨(8GB以上必須)

  • Browsers

    IE 11, Mozilla Firefox 52, MS Edge, Google Chrome

  • Monitor size/resolution

    24インチ、1920x1080相当以上

  • OS

    Windows 10

  • Connectivity speed

    100 Mbps

  • Other software

    Adobe Reader

  • Storage Capacity

    50GB以上

サーバー仕様

  • サーバーの種類

    uPath (Mid)ラックサーバー

  • OS

    Windows server 2016

  • CPU

    4コア、 3.80GHz x4枚

  • メモリ

    32GB

  • ストレージ

    20TB (実用量 約16TB)

  • RAID

    RAID5 

  • 電源

    100V、2口

  • LANポート数

    4口

  • 消費電力

    最大409W

  • 推奨ブラウザ

    Microsoft Internet Explorer(Version 11以降)

    Mozilla Firefox (ESR 52.7.3以降) 

    Google Chrome(Version 63以降)

  • 推奨モニターサイズ

    24インチ以上(1920 x 1080 以上)