cobas® CMV検査

サイトメガロウイルス検査

Product image for cobas® CMV

移植後のよりよい感染管理と治療成績の向上に期待

CMVの感染管理に貢献

サイトメガロウイルス(CMV)は、移植を受けた患者さんにおいて死亡や合併症の主な原因となるウイルスです。ハイリスクな患者さんでは移植後すぐにCMV感染を起こす可能性があり、適切な治療を施さないとCMV感染症となり、組織侵襲性の病変を生じたり、拒絶反応や移植片の廃絶を起こしたりすることがあります。

cobas CMVはどの施設で測定した結果であってもウイルス量を相互比較することができ、また再現性に優れる測定値をご提供できるためモニタリングによりCMV感染を確実に検出して移植後の患者さんの予後に貢献します。その他、研究室や臨床医にとって次のようなメリットがあげられます。

 

・世界的に標準化された形式で結果を表示

cobas CMVはWHO international standardを用いて値付けをした検査試薬であり、測定結果はIU/mLの単位で表示されます。現在、臓器移植後のCMV感染管理に関するガイドラインでは核酸定量検査の結果表示としてこの方法が推奨されています1。測定方法や結果表記が統一されているため、いずれの施設で測定された結果であっても適切にCMVのマネジメントが可能となります。

 

・臨床医からの高い評価

cobas CMVは臨床医から高く評価されています。現在使われている治療薬の開発やレジメンが確立されるまでの臨床研究の段階よりロシュのCMV検査がメインで使われてきました。cobas CMVの開発においても、FDA申請に必要な臨床的有用性を示すための臨床試験をはじめ研究を重ねてきました。

 

・全自動化された測定

研究室でLDT検査を実施するには、立ち上げやメンテナンスには多くの時間と労力がかかり、さらに品質面のコンプライアンスやトラブル対応の負担がかかります。cobas CMVは試薬の事前調整が不要ですぐに使用でき、キャリブレーションを含め全ての操作を全自動のプラットフォームで実施することが可能です。

cobas® CMVの特徴とメリット

・WHO international standardを用いて値付けされており、IU/mLで結果表示される

・正確性の高い検査で臨床医の診断を補助

・プライマー/プローブを薬剤耐性変異の影響を受けない保存性の高い領域に設定することで信頼できる検査結果を提供

これからのCMV感染のモニタリング

臨床医が治療の判断をする際に、信頼性の高いCMV測定値の結果を提供することが可能です。CMV検査は標準化に向けて進歩してきましたが、改善の余地がまだあります。標準化された、リアルタイムPCR法を原理とするcobas CMVを用いた検査により。移植後のCMVを検出して患者さんの予後に貢献します。

使用目的

使用目的

この検査は、ヒトEDTA血漿中のサイトメガロウイルスDNAを定量することを目的としたin vitro核酸増幅検査です。

cobas CMVは、臓器移植後もしくは造血幹細胞移植後の患者のCMV感染の診断の補助として使用することを目的としています。移植後の患者さんにおける抗ウイルス薬の投与開始の判断、CMVの治療中の患者さんには治療効果の評価に用いることができます

cobas CMVの検査結果は、臨床症状や他の検査結果などと併せて担当医師が総合的に判断してください。

参考文献

  1. Kotton CN, Kumar D, Caliendo AM, et al. Updated international consensus guidelines on the management of cytomegalovirus in solid-organ transplantation. Transplantation. 2013:96;333–360.

cobas® CMV 製品仕様

  • 検体種

    EDTA血漿

  • 使用検体量

    350 µL

  • 最小検出感度

    34.5 IU/mL

  • 測定範囲

    34.5 - 1.0 x 10⁷ IU/mL

  • 特異度

    100%

  • ジェノタイプ反応性

    CMV Glycoprotein B Genotype 1-4