トロップT センシティブ

心筋梗塞の迅速な診断のためのトロポニンTの目視検査

Roche心筋トロポニンT感度検査(視覚)
心筋トロポニンT視覚

全血心筋
トロポニンT検出用試験紙

 

心筋梗塞の診断を全血を用いて短時間で可能に!

その迅速性が常に求められる“急性心筋梗塞”の診断と治療。

トロップT センシティブは、試験紙のライン本数を見るだけで、迅速に心筋梗塞の診断が可能です。

主な製品特徴
 

  • 迅速診断

    15分以内に結果が判明します。ただし、発症早期(4時間以内)や小梗塞の場合、陰性を示すことがあります。

  • 全血測定

    全血を用いるので血漿分離が不要です。

  • 簡単な操作

    分析装置を必要としません。

  • 簡単な判定

    ライン本数による判定。簡単に判定できます。

  • 高い特異性

    心筋トロポニンTに特異的なモノクローナル抗体を用いています。

  • 長い診断時間帯

    発症後1~2週間にわたり心筋梗塞を確認できます。

  • 検体定量シリンジ付

    150μLを簡単に定量できます。

即座に

急性心筋梗塞の迅速診断

  • 心筋トロポニンTが陽性の場合は心筋の損傷を示します
  • 15分以内に結果が得られます。ただし、梗塞発症後の初期や小梗塞の場合は陰性を示すことがあります
  • 心電図所見がない場合でも、非 ST上昇型 急性冠症候群 (NSTEMI)患者に対する診断を補助します
院内管理

多様な環境で使用可能

  • 救急処置室、開業医の診療所、様々な臨床環境での使用に適しています
  • 持ち運びしやすく、簡単に測定できます
時間と費用の効率が高い

簡単な操作

  • 分析機器は必要ありません
  • 特別なトレーニングの必要はありません
  • 検体定量シリンジ付属で、150μLを簡単に定量できます
Roche心筋トロポニンT感度検査(視覚)

参考文献

 

  1. Sørensen, J. T., Terkelsen, C. J., Prehospital troponin T testing in the diagnosis and triage of patients with suspected acute myocardial infarction. Am j Cardiol. 2011 May 15;107(10):1436-40.
  2. トロップT センシティブ - 添付文書

製品仕様

  • 使用目的

    全血中の心筋トロポニンTの定性検出1

  • 検体

    EDTAまたはヘパリン添加静脈全血

  • 反応時間

    15分間

  • 検体量

    150μL

  • 結果の判定

    陽性:心筋トロポニンTの濃度が0.1ng/mL以上

  • 貯蔵方法

    2~8° Cで保管
    室温保存の場合は4週間まで安定(ただし使用期限まで)。

  • 試薬の調整方法

    冷蔵庫から取り出してすぐに使用可能

  • 包装単位

    5テスト

  • 商品コード

    518-501525

  • 製品名

    トロップT センシティブ

お問い合わせはこちらへ
お問い合わせ
簡易マニュアル

製品簡易マニュアルを掲載しています。
ダウンロードしてご使用ください。

 

トロップTセンシティブ