CoaguChek INRange

自己検査用血液凝固モニタリング検査装置

CoaguChek INRange

販売は積水メディカル株式会社が行っております。

積水メディカル株式会社の製品情報へのリンクはこちらより

 

More control

いつでも、どこにいても
検査可能

 

測定時間は約1分、簡単な操作でPT-INRが測定可能です。

More control

経口抗凝固療法を
今まで以上にコントロール

 

治療域に留まる時間を伸ばします。1-3

Improved care for a better quality of life

生活の質を高める

 

 

INRの自己測定により健康と生活の質が高まる可能性があります。1,2,4-10

治療域内の時間をより長く

 

治療域内にいる期間の割合が高い(> 70%)患者さんは、より良好な臨床アウトカムを達成することが報告されています2,3。これまでの試験で、コアグチェックを用いた自己検査によってこれが達成できることが示されています1,4

 

患者さんのより積極的な治療への関わり

 

自己検査を行っている患者さんは、より積極的に自分のケアに関わり、より頻繁に検査を行い、治療域でより長い時間を過ごしています4,5

 

患者さんによる自己検査の価値

 

患者さんの自己検査は、通常のケアやクリニックでの抗凝固療法と比較して、以下のような結果に至ることが示されています。(1)治療域に留まる時間が長い6-8、(2)INR値が非常に高い、または非常に低い値を示すことが少ない8、(3)血栓塞栓性イベントが少ない9-10、(4)患者さんの生活の質が改善する11,12、(5)治療満足度が高い11,13

主な製品特長

 
  • 迅速測定

   測定時間は約1分です。

  • 簡単操作

   試験紙タイプの試薬で簡単測定。どなたでも測定が可能です。

  • 操作しやすいインターフェイス

   カラーインターフェイスとエラーガイドによるトラブルシュート

  • 少量の血液で測定可能

   指先の穿刺から得られた全血(≧8μL)で測定が可能です。

  • リマインダ機能

   投薬や検査の時間をアラーム機能でリマインダ

  • USBによるデータ通信機能

   USB接続によりPCへデータ転送可能

構成品および試薬

 

構成品

  • コアグチェック INRange(製造販売承認番号:22900BZX00159000) 
  •  単4形アルカリ電池 4本 
  •  USBケーブル 
  •  キャリーケース 
  • 取扱説明書 
  •  クイックリファレンスガイド 

 

試薬

  • ロシュ PT テストストリップ PST: 6枚(製造販売承認番号:21900AMX00266000)

コアグチェック INRangeの使用方法

 
4つの簡単な手順

 

ステップ1:テストストリップをコアグチェック INRangeに挿入します。

ステップ2:穿刺器具で指を穿刺します。

ステップ3:テストストリップ上に血液を滴下します。

ステップ4:約1分後、コアグチェック INRangeのディスプレイに測定値が表示されます。

簡単な4ステップによるコアグチェック INRangeの使用方法

動作条件

  • 温度範囲

    + 15°C ~+ 32°C

  • 湿度

    10~85%(結露しないこと)

  • 標高

    4300 m以下

     

  • 設置場所

    装置を平らで振動のない面に置くか、ほぼ水平になるよう持って操作

  • INR測定範囲

    0.8~8.0

     

  • インターフェース

    USB(タイプB)およびBluetooth

  • 電源

    電池 単四形アルカリマンガン電池(1.5v)4本

    電池セットごとの検査回数

    最大60回

  • 寸法

    145 x 75 x 30 mm

  • 重量

    135 g(電池を除く)

  • 記憶容量

    400回分の測定結果

  • 自動電源オフ

    2分後

     

検体測定

  • 検出システム

    ヒト組換えトロンボプラスチンによる血液凝固の活性化後のプロトロンビン時間を電気化学的に測定

  • ユーザーインターフェース

    カラーディスプレイ、オン/オフ、エンター、バック、アップ/ダウンボタンを備えた直感的なユーザーインターフェース

  • 検体の滴下

    指穿刺から10秒以内に、テストストリップの上部または側面から検体滴下部分に血液を滴下

検体

  • 検体種

    新鮮毛細血管全血

  • 検体量

    ≧8 μl

  • 干渉物質

    テストストリップの添付文書をご参照ください

テストストリップ

  • 国際感度指数(ISI)

    約 1.0

  • ヘパリン感度

    未分画ヘパリン及び低分子ヘパリンは2IU/mLまで測定に影響なし

  • 精度管理

    それぞれの試験紙上で検体測定と同時に実施

1.Sharma P, Scotland G, Cruickshank M, Tassie E, Fraser C, et al. (2015). Is self-monitoring an effective option for people receiving long-term vitamin K antagonist therapy? A systematic review and economic evaluation. BMJ Open 5: e007758

2. Gallagher AM, Setakis E, Plumb JM, Clemens A, van Staa TP. (2011). Risks of stroke and mortality associated with suboptimal anticoagulation in atrial fibrillation patients. Thromb Haemost 106, 968-77

3. Wan Y, Heneghan C, Perera R, Roberts N, Hollowell J, et al. (2008). Anticoagulation Control and Prediction of Adverse Events in Patients With Atrial Fibrillation: A Systematic Review. Circ Cardiovasc Qual Outcomes. 1, 84-91

4. Ward A, Tompson A, Fitzmaurice D, Sutton S, Perera R, et al. (2015). Cohort study of Anticoagulation Self-Monitoring (CASM): a prospective study of its effectiveness in the community. Br J Gen Pract. 65(636):e428-437

5. Heneghan C, Ward A, Perera R, et al. (2012). Self-monitoring of oral anticoagulation: systematic review and meta-analysis of individual patient data. Lancet 379:322-334.

6. Bereznicki LR, Jackson SL, Peterson GM. (2013). Supervised patient self-testing of warfarin therapy using an online system. J Med Internet Res 15, e138

7. Christensen H, Lauterlein JJ, Sørensen PD, Petersen ER, Madsen JS, et al. (2011). Home management of oral anticoagulation via telemedicine versus conventional hospital-based treatment. Telemed J E Health 17, 169-176

8. Bussey HI, Bussey M, Bussey-Smith KL, Frei CR. (2013). Evaluation of warfarin management with international normalized ratio self-testing and online remote monitoring and management plus low-dose vitamin k with genomic considerations: a pilot study. Pharmacotherapy 33, 1136-1146

9. Heneghan C, Ward A, Perera R, et al. (2012) Self-monitoring of oral anticoagulation: systematic review and meta-analysis of individual patient data Lancet 379:322-334.

10. Heneghan C, Alonso-Coello P, Garcia-Alamino JM, Perera R, Meats E, Glasziou P. (2006). Self-monitoring of oral anticoagulation: a systematic review and meta-analysis. Lancet 367, 404-411

11. Matchar DB, Jacobson A, Dolor R, Edson R, Uyeda L, et al. (2010). Effect of home testing of international normalized ratio on clinical events.

N Engl J Med 363, 1608-1620

12. Salvador CH, Ruiz-Sanchez A, González de Mingo MA, Carmona Rodríguez M, Carrasco MP, et al. (2008). Evaluation of a telemedicine-based service for the follow-up and monitoring of patients treated with oral anticoagulant therapy. IEEE Trans Inf Technol Biomed 12, 696-706

13. Gardiner C, Williams K, Mackie IJ, Machin SJ, Cohen H. (2005). Patient self-testing is a reliable and acceptable alternative to laboratory INR monitoring. Br J Haematol 128, 242-247