COBAS® TaqMan® MTB

COBAS® TaqMan® MTB 画像

ワークフローの向上・容易なアップグレード・信頼できる結果

結核菌(MTB)群DNAの定性検出のためのリアルタイムPCR検査

この検査は、喀出痰および誘発喀痰ならびに気管支肺胞洗浄(BAL)を含む、各種ヒト呼吸器検体中のMTBを検出するために、リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)核酸増幅と加水分解プローブを使用します。

特徴と利点

  • ハイスループットで使いやすい
  • 1ランあたり最大48件の検査
  • 結果は検体調製からわずか2時間半
  • 99%のカバー率(MTB群中に見られるマイコバクテリア種すべてを評価した場合)
  • ロシュのAmpErase酵素でコンタミネーションリスクを低減
  • COBAS® TaqMan® 48アナライザを使用して実行
  • 閉鎖的環境での自動核酸増幅および検出
  • 各検査に対する内部コントロール
  • 検査室の品質管理を向上

用途

 

この検査は、喀痰および気管支肺胞洗浄(BAL)を含む、各種ヒト呼吸器検体中の結核菌(MTB)群DNAを定性検出するためのin vitro核酸増幅検査です。本検査では、用手法で検体調製するためのAMPLICOR®呼吸器検体調製検体前処理キットと、自動核酸増幅および検出のためのCOBAS® TaqMan® 48アナライザを使用します。

米国では利用できません。