Article

検査室のコスト削減につながるマルチプレックスPCR

医療業界全体と同様、検査室は医療コスト削減のためにより大きなプレッシャーに直面しており、

より少ないリソースでより多くの業務を可能にするクリエイティブなソリューションを必要としています。

プロセスの最適化は、検査室のスループット改善および運営コスト低減に役立ちます。

マルチプレックス化は、検査室のコスト削減および運営の効率化に役立つでしょうか?

少ない時間でより多くの情報を

 

マルチプレックスPCRは同一の検体で複数の検査を同時に実施するので、スループットの増加と処理の減少がもたらされ、全体的費用効率が向上します。

 

マルチプレックスPCRアッセイ:

  • 同一検体からより多くの検査データを提供します
  • ピペット操作のエラーを減少します
  • ウェル間の変動性を制限します
  • 試薬の調製を簡素化します
  • 貴重で限られた検体を最大限活用します
  • 時間と物資を節約します

 

表面的には、マルチプレックス化は論理的選択のように見えます。1つの検体で複数の解析を実施することはシングルプレックスアッセイを複数回実施するよりも効率的で、時間とお金を節約するはずです。しかし、答えはもっと複雑です。

最適化の課題

 

マルチプレックスPCRには最適化という課題があります。まず、性能および精度を低下させることなく、全ての検査項目の組み合わせを一緒に実施できるとは限りません。それぞれのプライマー・プローブセットは特定の遺伝子配列を増幅、検出するようにデザインされています。一つの容器内で反応するプライマーセットの種類が多いほど、非特異反応が生じる可能性が高くなるのです。また1つのウェルで複数のアッセイを行うことは競合反応をもたらし、これにより偽陰性となる可能性があります。

このため、マルチプレックスPCRの精度を確保するには、まずアッセイの最適化が必要なのです。また、マルチプレックス反応の条件をそれぞれのシングルプレックス反応と比較して、性能を確認します。性能確認には、プライマーとプローブ、添加剤、PCRの反応条件の評価と最適化が含まれます。これは、対応するシングルプレックス反応と同程度の増幅効率を達成する条件と材料の適切な組み合わせを特定するのに役立ちます。しかし、このプロセスには時間と費用がかかる場合があります。

どうしたら検査結果と作業効率を改善できるのでしょうか? その答えは、最適化されたマルチプレックスマスターミックスにあります。

マルチプレックスマスターミックスで費用を低減し、結果を改善

 

マルチプレックスマスターミックスは、便利ですぐに使える溶液で、複数の核酸標的の増幅および検出のために事前に最適化されたバッファー、DNAポリメラーゼ、dNTP、添加剤を含んでいます。

理想的には、反応溶液は室温で調製されることが多いので、マスターミックスは熱安定な酵素を採用すべきです。

マルチプレックス反応がシングルプレックス反応と同等の特異性と感度であることを確保するために、マルチプレックスマスターミックスは繰り返し試験・最適化されています。このマスターミックスを用いることにより、幅広い検体材料から標的をシームレスに検出することが可能になるはずです。

マルチプレックスマスターミックスを使用すると以下の点で検査室のコストを低減できます:

  • 同じ検体量でより多くの項目の検査ができます。最適化された検査により検体材料の必要量が減少
  • 複数の標的を同時に検出することでスループットが向上
  • セットアップ時間に関連する人件費が減少
  • 自動化ワークフローが可能
  • 結果に影響する可能性がある非特異的プライマーのアーチファクトを最小化
  • 検査者間で反復可能で再現可能な結果をもたらす一貫性のあるパラメーターを提供

マルチプレックスアッセイはワークフローを合理化し、試薬分注を簡素化して、効率を向上しコストを抑制します。マルチプレックス検査用に最適化されたマスターミックスを使用すると、シングルプレックス検査と同等の精度、感度、特異性を実現し、時間を要するアッセイの最適化を最小化することができます。これは、検査室が運営効率を改善し、全体的コストを低減し、経済的見通しを向上させるのに役立ちます。