肺癌 IHC主要製品

Lung assays

ロシュの肺癌IHC ポートフォリオで 病理診断に貢献

p40

ROS1 (SP384)
ウサギ モノクローナル抗体

 

本抗体は、受容体型チロシンキナーゼであるROS1タンパクに対するウサギモノクローナル抗体です。 ROS1遺伝子が他の遺伝子と融合することによって、ROS1のキナーゼドメインが恒常的に活性化するROS1融合タンパクを産生し、細胞の癌化につながるといわれています1,2。ROS1の融合遺伝子は、、神経膠芽腫2,3、胆管癌2,4、卵巣癌2、非小細胞肺癌1,2,5,6などで報告されており、非小細胞肺癌(NSCLC)におけるROS1遺伝子の再構成の頻度は1-2%程度と言われています5,6。融合相手の遺伝子はさまざまで、これまでに少なくとも27遺伝子が報告されています7。本抗体による免疫組織化学染色において、いくつかのスコアリング基準を用いた場合、FISH法と良好な相関性を示すことが報告されています8

p40

p40 (BC28)
マウスモノクローナル抗体

 

抗p40(BC28)抗体は肺扁平上皮癌において抗p63(4A4)抗体と同等の検出感度を有し、扁平上皮マーカーとしての特異性は抗p63(4A4)抗体よりも優れていることが報告されています9,10。肺腺癌がp63陽性により誤って肺扁平上皮癌と同定されることを避けるために、肺腺癌/扁平上皮癌の鑑別において抗p63抗体の代わりに抗p40抗体の使用が推奨されます。診断の精度を上げるために、TTF-1, Napsin A, CK5/6などの他の肺癌マーカーと組み合わせて使用することが推奨されます9

immunohistochemical staining with Basal Cell Cocktail 34ßE12 + p63

TTF-1 (SP141)
ウサギモノクローナル抗体

TTF-1(8G7G3/1)
マウスモノクローナル抗体

 

TTF-1はホメオドメインタンパクファミリーに属する38kDの転写因子であり、甲状腺の濾胞上皮細胞、肺のII型肺胞上皮細胞、クララ細胞で発現しています。肺癌においては甲状腺癌の転移を除いて他の臓器からの転移性腫瘍では発現していないため、原発か転移かの鑑別が可能となります11。また、正常中皮および中皮腫にも存在しないため、肺腺癌と中皮腫の鑑別にも有用です。p40, Napsin A, CK5 /6などの他の肺癌マーカーと組み合わせて使用することが推奨されます9

immunohistochemical staining with Basal Cell Cocktail 34ßE12 + p63

Cytokeratin 5/6 (D5/16B4)
マウスモノクローナル抗体

 

抗サイトケラチン 5/6抗体は、抗サイトケラチン 5抗体と抗サイトケラチン 6抗体のカクテル抗体です。本抗体は種々の上皮および中皮細胞に発現するサイトケラチン 5と、増殖性の扁平上皮で発現するサイトケラチン 6に反応します12。細胞質への染色パターンを示し、扁平上皮癌や、悪性中皮腫と肺腺癌の鑑別に用いられます13。また、本抗体による筋上皮細胞の検出は、乳癌および前立腺癌の鑑別にも有用です。p40, TTF-1, Napsin Aなどの他の肺癌マーカーと組み合わせて使用することが推奨されます9

immunohistochemical staining with Basal Cell Cocktail 34ßE12 + p63

Napsin A (MRQ-60)
マウスモノクローナル抗体

 

ナプシンはペプシン様のアスパラギン酸プロテアーゼで、ナプシンAとナプシンBが存在します。ナプシンAは、分子量約38kDの単鎖タンパクであり、ヒトの肺および腎臓に高度に発現し、脾臓では発現が少ない。免疫染色では、Ⅱ 型肺胞細胞および肺腺癌で陽性となります9。肺腺癌におけるナプシンA発現は特異性が高いため、原発性肺腺癌と他臓器の腺癌の鑑別に有用です14。p40, TTF-1, CK5/6などの他の肺癌マーカーと組み合わせて使用することが推奨されます9

References

 

  1.  Mescam-Mancini L, et al. On the relevance of a testing algorithm for the detection of ROS1-rearranged lung adenocarcinomas. Lung Cancer. 2014 Feb;83(2):168-73.
  2. Davies KD, et al. Molecular pathways: ROS1 fusion proteins in cancer. Clin Cancer Res. 2013 Aug 1;19(15):4040-5.
  3. Aljohani H, et al. ROS1 amplification mediates resistance to gefitinib in glioblastoma cells. Oncotarget. 2015 Aug 21;6(24):20388-95.
  4. Gu TL, et al. Survey of tyrosine kinase signaling reveals ROS kinase fusions in human cholangiocarcinoma. PLoS One. 2011 Jan 6;6(1):e15640.
  5. Bubendorf L, et al. Testing for ROS1 in non-small cell lung cancer: a review with recommendations. Virchows Arch. 2016 Nov;469(5):489-503.
  6. Bergethon K, et al. ROS1 rearrangements define a unique molecular class of lung cancers. J Clin Oncol. 2012 Mar 10;30(8):863-70.
  7. IASLC Atlas of ALK and ROS1 Testing in Lung Cancer. Ed. Tsao M, Ed. Hirsch F, Ed. Yatabe Y. 2nd Edition. 2016. 55-61.
  8. Huang R.S.P, et al. Correlation of ROS1 Immunohistochemistry With ROS1 Fusion Status Determined by Fluorescence In Situ Hybridization. (In Press)
  9. Hanlon Newell, A. et al. MA26.07 ROS1 (SP384) Immunohistochemistry Inter-Reader Precision Between 12 Pathologists. IASLC 2018 19th World Conference on Lung Cancer Abstracts. https://wclc2018.iaslc.org/wp-content/uploads/2018/09/WCLC2018-Abstract-Book_vF-LR-REV-SEPT-25-2018.pdf Accessed 6th March, 2019.
  10. Bishop JA, et al. p40 (ΔNp63) is superior to p63 for the diagnosis of pulmonary squamous cell carcinoma. Mod Pathol. 2012 Mar;25(3):405-15.
  11. Daniel Misch, Torsten Blum, Christian Boch, Timo Weiss, Catharina Crolow, Sergej Griff, Thomas Mairinger, Torsten T Bauer and Jens Kollmeier. Value of thyroid transcription factor (TTF)-1 for diagnosis and prognosis of patients with locally advanced or metastatic small cell lung cancer. Diagnostic Pathology (2015) 10:21
  12. A. Kargi, D. Gurel, B. Tuna, The diagnostic value of TTF-1, CK 5/6, and p63 immunostaining in classification of lung carcinomas. Appl Immunohistochem Mol Morphol. 2007 Dec;15(4):415-20.
  13. N.G. Ordòñez. Value of cytokeratin 5/6 immunostaining in distinguishing epithelial mesothelioma of the pleura from lung adenocarcinoma. Am J Surg Pathol. 1998 Oct;22(10):1215-21.
  14. Ye J, Findeis-Hosey JJ, Yang Q, McMahon LA, Yao JL, Li F, Xu H. Combination of napsin A and TTF-1 immunohistochemistry helps in differentiating primary lung adenocarcinoma from metastatic carcinoma in the lung. Appl Immunohistochem Mol Morphol. 2011 Jul;19(4):313-7.