cobas®MPX

1つの試験で3種類の結果

提供された血液中のHIV、HCV、HBVを検出するためのcobas® MPXアッセイの画像

単一の使いやすいアッセイで

最も重要なウイルスターゲットを検出し識別

核酸検査(NAT)は、ウインドウ期の感染リスクを大幅に減らし、感染症の検出を向上させることが証明されています。cobas® MPX試薬は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、C型肝炎ウイルス(HCV)およびB型肝炎ウイルス(HBV)の検出を目的とした、cobas® 6800/8800システム上で使用する多染色、リアルタイムPCR用マルチプレックス試薬です。単一アッセイにより3項目の同時検出が可能となり、効率および精度が向上します。

HIVおよび肝炎の高度な診断技術

cobas® MPX試薬を用いることで、ドナースクリーニング検査室では、1回のアッセイで3種類のウイルスと5種類の重要なウイルスターゲットを確実に検査することができます。これにより、追加の識別検査の必要性が無くなるため、業務効率が向上します。結果を合理化することで、検査室の効率が向上し、貴重なドナー材料を節約し、追加の検査キットを保管する必要がなくなり、感染したドナーの早期カウンセリングが可能になります。

Rocheのシステムへアッセイを充填する臨床検査技師

より高い柔軟性を目指した血漿または血清の検査

デュアルターゲット、デュアルプローブ法で新型ウイルス変異株から守る

 

  • HIV、HCVおよびHBVをリアルタイム検出および同定
  • 1つの検査で5種類の重要なウイルス標的(HIV-1 グループM、HIV-1 グループO、HIV-2、HCVおよびHBV)をカバー
  • HIV-1上の異なる領域を増幅するデュアルターゲット法
  • 新型ウイルス変異株へ対応するためのHCV用デュアルプローブ
  • 潜在性および低力価HBV感染における高感度なHBV検出

 

自動マルチプレックス試薬でワークフローを合理化し、信頼性の高い結果を保証

 

  • 識別検査の必要性や矛盾する結果が生じる可能性を排除
  • すぐに使える試薬 — 解凍、注入、混合不要
  • リアルタイムPCR用試薬が安定化されているためキャリブレーションが不要
  • 全プロセス内部標準が確実な結果の整合性をサポート
  • cobas® MPXコントロールキットで、結果の算出に影響を及ぼさない真の外部陽性コントロール
  • cobas® 6800/8800システム上で、他のアッセイと同時実行が可能

増大するアッセイポートフォリオにおけるリアルタイムでのウイルス識別

cobas®ファミリーの新マルチプレックス試薬それぞれが、ロシュが提供する血液スクリーニングのアッセイポートフォリオに、より大きなイノベーションとパフォーマンスの向上をもたらします。ドナースクリーニングアッセイ用試薬はすべて、ワークフローの効率のために設計され、すぐに使用できる試薬およびコントロールは、作業時間を節約し、冷蔵での保管のみを必要とします。

 

真の外部陽性コントロールは結果の算出に影響を及ぼしません。また、PCR用試薬は安定化されているため、他の利用可能な検査とは異なり、キャリブレーションが不要です。

結果を確認する臨床検査技師
cobas® 6800システムからの血液スクリーニング結果を見ている臨床検査技師

ドナースクリーニング

ロシュ血液安全性ソリューション

スクリーニングセンターが最大の安全性と効率を達成するのを助けるために開発された市場をリードする機器、アッセイ、ITソリューション、自動化を詳しく見てください。

詳細を見る
cobas® 8800システムでワークフローを自動化している臨床検査技師

ドナースクリーニング - 臨床検査の個別自動化

あらゆるサイズの検査室に対する自動化ソリューションで、業務を簡素化し、手作業を減らし、効率と品質の両方を高めます。

詳細を見る

関連システム

cobas® 6800システム画像

cobas® 6800システム

IVDアプリケーションによる検査が一変します ― 1ランあたりわずか2回のシンプルなユーザーインターラクションと最大8時間のウォークアウェイタイム。

 

詳細
cobas® 8800システム画像

cobas® 8800システム

オペレータのインターラクションが最小限の類を見ない性能は、ハイスループットアプリケーションの将来に変革をもたらします。

詳細