cobas® 5800システム

機器・試薬カタログはこのページにてダウンロード可能です

cobas® 5800システム
cobas 5800

 

 

 

 

 

ロシュのPCRが、その検査室にフィットする

 

 

cobas® 5800システム*は、幅広いメニューと検査効率、柔軟なワークフロー、使いやすさをバランスよく備えた、コンパクトな全自動遺伝子検査システムです。

ー自動化、統合化、標準化を実現する柔軟性の高いこの遺伝子検査システムは、1日に20~150検体を処理するラボにとって理想的なソリューションです。

ー完全に自動化・標準化されたワークフロー、オンデマンド検査、そしてロシュ品質の結果の信頼性により、生産性、効率性、コスト効率のバランスをとることができます。

 

*cobas® 5800システム:コバス 5800 システム(医療機器)

cobas® 5800システムに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ種別は「遺伝子検査(PCR関連)」を選択ください。

検査室で働く皆さまの負担軽減に貢献すべく誕生したcobas® 5800システム。
コンパクトなボディに凝縮させた機能をご紹介!

 

・多種多様な検査機器があるため、習熟や操作に多くの時間を取られる
・慢性的に人が足りない
・到着時間の異なる検体、報告時間の異なる項目、検査の段取りを組むのに毎日時間がかかる

 

このようなお悩みをお持ちの方、cobas® 5800システムで働き方を がらりと変えてみませんか?

皆様から多く寄せられるご質問をもとに、 Q&A形式でご質問とそれに対する回答をご用意しました
よくあるご質問
集約化

省スペース化

自動化、集約化、柔軟性が備わったシステムをわずか1㎡のスペースに。

 

コンパクトなボディ設計により、さまざまな検査室にフィット。スペースを有効活用できるため、 検査室にゆとりが生まれます。

 

  • 小さな設置面積で検査のキャパシティと機能を拡大
  • 134cm × 79cmのコンパクトなフットプリント

自動化

無駄な作業を減らしヒューマンエラーを未然に回避する、簡単な操作性。

検体をセットしスタートボタンを押すだけで、あとは装置が全自動で検査を実施。 検査技師の皆さまが、本来の仕事に集中できるようにします。

 

  • Ready to useの試薬、検体、消耗品の柔軟なローディング
  • 特定の検体や項目の優先順位付け
  • カスタマイズ可能なコントロールコンセプト
自動化
集約化

集約化

ルーチンテストの90%以上を単一のプラットフォームで実現。*

 

多彩な試薬ラインナップを備え、さまざまな装置で行っていた遺伝子検査をこの一台に集約。 臨床医療の現場で効率的な検査に貢献します。

 

  • コスト、ラボのスペース、メンテナンス、トレーニングなどにおいて省力化を実現
  •  cobas omni Utility Channelを含みIVD項目と同じシステム上でLDTの同時実行
  • 実績のある試薬と技術で安心の結果*

*ご施設の状況によって異なる場合があります

柔軟性

日々忙しくなるルーチンワークと増え続ける要望に応える。


1時間ごとに1バッチ24テスト、1バッチ当たり最大6項目のMixバッチを可能にします。緊急時の優先測定や 項目ごとの優先設定も可能で、必要な時に必要な検査ができます。

標準化
統合化

標準化

検査の一貫性を確保する。

  • cobas® 6800/8800 システムと同じアッセイメニューを使用可能。
    同様のユーザーインターフェースでの操作が可能
  • cobas® x800シリーズはすべてのアッセイで一貫したワークフローを実現
関連製品

ロシュのプラットフォームは、内部・外部コントロールによって精度管理された幅広いアッセイメニューによって真価を発揮します。また、アッセイメニューは今後も拡張していきます。
今日、そして今後の複雑な臨床ニーズに応えられるよう、ロシュは新たなソリューションを開発し続けます。

 

ロシュのアッセイポートフォリオは、幅広い疾患をカバーしています。ロシュの主要な診断分野をこちらのページから探索してください。

 
PCR検査項目

cobas® 5800システムに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ種別は「遺伝子検査(PCR関連)」を選択ください。

シンプルでスマートなこの一台が、 全自動遺伝子検査装置の新たなスタンダードに。

 

cobas® 5800 システムは、COVID-19をはじめ、肝炎、結核など、さまざまな遺伝子検査を統合。 大規模ラボで使用されるcobas® 6800/8800 システムの性能を受け継ぎ、 共通の試薬が利用できるため、検査の標準化にも貢献します。 8時間あたり最大144テスト、最大15試薬項目の架設を可能にしたこのシステムは、 1日に20~150検体を処理するラボにとって理想的なソリューションです。

cobas® 5800 System

cobas® 5800 システムの基本性能

  • 1日に 20-150サンプル
  • 16項目以上*の 幅広いメニュー
  • 最大15試薬項目の架設が可能
  • 1バッチ最大6項目を 同時測定
  • 8時間あたり 最大144テスト
  • カスタマイズ可能なコントロールコンセプト
  • 最長8時間**ワークアウェイタイム
  • コンパクトなフットプリント:134 cm x 79 cm
  • 検体や項目の 優先測定


*今後、新たな項目を開発予定です

 **ワークアウェイタイムは、実行されたテストの数と開始されたランの数に依存します。 (8時間あたり96回以上の連続テストを行う場合、ワークアウェイ時間は4~8時間になることがあります)。

ロシュの遺伝子検査機器 仕様比較一覧はこちらからご確認いただけます
よくあるご質問
cobas 5800

cobas®5800 System
製品紹介リーフレット

 

 

 

 

 

cobas 5800

ロシュ遺伝子検査機器
―測定項目一覧―

 

 

 

 

cobas® 5800 システム 関連資料

下記フォームに必要事項を入力いただくと
資料のダウンロードが可能です。

関連資料ダウンロードお申込みフォーム

成功
フォームが正常に送信されました。
text